おとな ときどき こども〜ガンプラ制作記録〜

ガンプラとビールと子供との遊びを中心のブログです!

おとなときどきこども

HGIB-O ガンダムフラウロス(流星号) 簡単フィニッシュ レビュー

f:id:shinlotusadv:20190224203238j:image

こんばんは。しんです。

鉄血のオルフェンズより、ガンダムフラウロス(流星号)を紹介します。

鉄血のオルフェンズは、大人になって久しぶりに見たガンダムアニメで、最終話まで見入ってしまいました。

ビームが効かないという世界で、実弾や打撃等の近接格闘が主体の戦闘シーンが印象的です。

このフラウロスは、背部に装備した超遠距離射撃用レールガンが力強い印象を与え、魅力だと思います。 

まずは全体から

f:id:shinlotusadv:20190224203215j:image

付属シールはなるべく使わずに、ガンダムマーカーなどで部分塗装をしています。

シールは頭部のセンサー部と、流星号のトレードマークのアイペイントのみ使用しました。

エイハブリアクターや腰部フレームをメタリック系で塗装すると、メカニカルな印象が増し、リアリティを高めることができるので、この部分の塗装はお気に入りです。

顔がアニメより不細工だとどこかで見かけたので、頬を中心にシャープ化を行っています。

f:id:shinlotusadv:20190224203252j:image

プロポーションは全体的には細身で華奢な印象ですが、背部の超遠距離砲撃用レールガンの装備により、 重厚さを感じます。

砲撃モードへの可変機構

フラウロスは、ほぼパーツの差し替えなしで砲撃モードへ可変することができ、非常に優秀な作りとなっています。

f:id:shinlotusadv:20190301155930j:image

まずは、両サイドにある120mm口径マシンガンを下方に動かします。
f:id:shinlotusadv:20190301155905j:image

次に、背部レールガンをリアクターと連結させます。

これにより、砲撃モードにおける爆発的な弾速を可能とします。
f:id:shinlotusadv:20190301155901j:image

胸部の装甲が上部にスイングします。

四脚姿勢時に肩がレールガンと干渉してしまうため、少し外側に引き出します。

次に前脚にあたる部分の可変です。

f:id:shinlotusadv:20190301155922j:image
f:id:shinlotusadv:20190301155854j:image
f:id:shinlotusadv:20190301155917j:image

腕の外側にあった爪のような装甲を引き出し、前脚部分となります。
f:id:shinlotusadv:20190301155857j:image

腰から下半身を一回転させ、さらに膝を曲げることで、後ろ脚部分となります。
f:id:shinlotusadv:20190301155913j:image

背中にあるパーツを前にスライドさせ、顔のようなイメージとなります。
f:id:shinlotusadv:20190301155909j:image

最後にレールガンの先端部分を上下の向きを変えて差し戻します。

パーツ差し替えは唯一この部分だけです。

砲撃モード

f:id:shinlotusadv:20190301214157j:image

砲撃モードに可変完了!

アリのような、昆虫のようなポージングで一見ダサそうに見えるのですが、好きだからなのか、かっこよく見えてくるんですよね!

やっぱりガンキャノンのように、肩に大きな砲撃を装備したプロポーションはかっこいいですよね。

しかもフラウロスは、四脚姿勢もできるのですから、人型⇒四脚、四脚⇒人型と何度も可変させたくなります。

関節の保持力も問題なく、何度やってもポロリなどありません。

f:id:shinlotusadv:20190301214202j:image

まとめ

ガンダムフラウロス、いかがでしたでしょうか。

私はずっと欲しくてカートに入れる手前で迷っていたのですが、やっぱり購入してよかったと思います。

鉄血シリーズですので、組みやすいのはもちろん、やはりなんといっても超遠距離砲撃用レールガンがかっこよすぎです!

 

しばらく飾っていたいと思いますが、ウェザリングしても楽しいと思いますので、別の機会に挑戦したいと思います。