おとな ときどき こども〜ガンプラ制作記録〜

ガンプラの完成品、制作工程、制作ハウツーの研究などを発信しています。

おとなときどきこども

HGIB-O ガンダム・グシオン レビュー【ゴールド・シルバーの部分塗装で映える!】

こんばんは。しんです。

今回は、「HGIB-O 1/144 ガンダム・グシオン」の紹介です。

f:id:shinlotusadv:20190204233228j:image

2018年製作ガンプラのお気に入りベスト2にランクインした機体です!

この機体を選んだ3つの理由!

・全身に纏った超重装甲による独特なフォルムがかっこいい!

・超巨大なグシオンハンマー!いたそー!

・400mmバスターアンカーをかっこよく塗り分けたい!

それでは、まずは全体からご紹介していきます!

 


f:id:shinlotusadv:20190204232732j:image

400mmバスターアンカーは、外周をシルバー、内周をゴールドで塗り分けて、情報量をあげてみました。

頭部バルカンも同様にシルバー、ゴールドで塗り分けています。

製作工程は組み立て、部分塗装、スミ入れ(ブラック)で、つや消しトップコードはまだ吹いていません。(そのためテカリがでています。。。) 

肩、腹部、脚部などにある数か所の凹モールドは、ダークグレーで塗り分けしています。


f:id:shinlotusadv:20190204232708j:image

背部、脚部バーニアは、周囲をシルバー、内部をレッドで塗装。

関節部分には、ところどころにゴールドで塗装した部分を入れています。

 

f:id:shinlotusadv:20190204232712j:image

グシオンハンマー、サブマシンガンは、背面にマウントすることができます。


f:id:shinlotusadv:20190204232658j:image

関節の可動範囲は広くありませんが、グシオンハンマーを両手で持つことができます。

 

f:id:shinlotusadv:20190204232653j:image

グシオンハンマーは中が空洞になっているためそれほど重量はありませんが、手首関節のホールドがそれほど強くはないため、片手でハンマーを持たせると下がっくることがあります。

 

f:id:shinlotusadv:20190204232704j:image


f:id:shinlotusadv:20190204232725j:image


まとめ

鉄血のオルフェンズシリーズは、パーツ数も多くなく、組み立てやすいキットばかりで、このガンダム・グシオンも大振りパーツばかりで、とても簡単に組み立てることができます。

ですので、小さな子供でも組みやすく、おススメの機体だと思います!

またちょっとした部分塗装で、自分だけの機体にして楽しむのもありだと思います!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたのガンプラライフに少しでもお役に立てればうれしいです!