おとな ときどき こども〜ガンプラ制作記録〜

ガンプラの完成品、制作工程、制作ハウツーの研究などを発信しています。

おとなときどきこども

HGUC RX-178 ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ仕様)【製作記4 装甲の部分塗装】

こんばんは。しんです。

フレームに続いて、装甲もゴールドで部分塗装します。

製作工程

  1. 仮組み・ゲート処理 

  2. 動力パイプの改造 

  3. フレームの部分塗装 

  4. 装甲の部分塗装 ★今回はここ!
  5. つや消し
  6. ウェザリング

前面の塗装箇所

f:id:shinlotusadv:20190330095841j:image

部分塗装した箇所を赤枠で示しています。

顔のアンテナ、首回り、胸の排熱ダクトの黄色の成型パーツは、ゴールドで筆塗りしました。

そのほか凹み部分も筆塗りしています。

後面の塗装箇所

f:id:shinlotusadv:20190330095845j:image

後面は動力パイプや凹みモールドやらを塗っています。

f:id:shinlotusadv:20190330204208j:image

左右で違う塗料を塗って発色具合をチェックしてみました。

左はタミヤアクリル塗料のクロームシルバー、右は同フラットアルミを塗っています。

バーニアはギラギラさせるのが好みなので、フラットアルミのほうは、この後クロームシルバーを上塗りしました。

f:id:shinlotusadv:20190330204204j:image

さらに、バーニアの裏側はクリアブルーで上塗りしています。

外側は焼けた感じを表現しようと思い、クリアレッドを上塗りしましたが、筆塗りではグラデーションが難しいので、境界がギザギザな感じになってしまいました。

この後ウェザリングをかければ、境界をぼかすことができるので、このままでいきます。

側面の塗装箇所

f:id:shinlotusadv:20190330095836j:image

側面の黄色いスラスターもゴールドで塗りました。

f:id:shinlotusadv:20190330095850j:image

盾の黄色いシールを貼る部分もゴールドに!

フレームの塗装箇所

f:id:shinlotusadv:20190330095853j:image

前回の投稿でフレームの部分塗装を書きましたが、塗った箇所を示した画像をアップします。

f:id:shinlotusadv:20190330095857j:image

青枠のところは、以前の製作記で書いたメッキビーズで工作した箇所になります。

塗るよりも輝きがもきれいです。

まとめ

今回は私が部分塗装した箇所を赤枠で示してみました。

私は筆塗りで行いましたが、ガンダムマーカーなどでも簡単にできると思います。

部分塗装される場合の参考になればと思います。

次回はウェザリングの工程に進んでいきたいと思います!