おとな ときどき こども〜ガンプラ制作記録〜

ガンプラの完成品、制作工程、制作ハウツーの研究などを発信しています。

おとなときどきこども

HGUC V2アサルトバスターガンダム 【製作記4:合わせ目消し 失敗と成功】

こんばんは。しんです。

ここ数日ちょっと仕事が忙しく、製作もあまり進んでません。(悲)

 

合わせ目消しの工程に入ったのですが、合わせ目をきれいに消すのは、単調な作業なのですがなかなか難しいですね。

上手くいかなかったものと、上手くいったもので、どこを変えてみたのか、紹介したいと思います。 

合わせ目消し前

脚部のふくらはぎの部分に、上下に渡って合わせ目があります。

また、すねより少し上あたりには合わせ目と交差するかたちでモールドもあり、合わせ目消しの作業でモールドが消えてしまう可能性もあります。

f:id:shinlotusadv:20190221234227j:image

合わせ目をスチロール系接着剤で接着!

両サイドのパーツの合わせ目部分に、スチロール系接着剤を盛るように塗っていきます。

パーツを合わせたときに、ムニュっとはみ出るくらいがいい感じです!

f:id:shinlotusadv:20190221234250j:image

こちらが使用した接着剤です。

プラモデル製作では鉄板のタイヤ製接着剤ですね!

f:id:shinlotusadv:20190221234224j:image

接着剤を盛りつけ、パーツを張り合わせた状態です。

接着剤が乾くまでは、洗濯バサミなどでパーツ同士を強く押さえつけておきます。

パーツの合わせ目に、接着剤がムニュっとはみ出たようになります。

接着した後、1日後に合わせ目消しを再開します。

ムニュっと部分をデザインナイフで削ぎ落とし

f:id:shinlotusadv:20190221234246j:image

ムニュっとした部分を、まずはデザインナイフであらかた、削ぎ落していきます。

f:id:shinlotusadv:20190221234242j:image

こちらが、デザインナイフでそぎ落とした状態です。

このあと紙やすりを使って、合わせ目を消していきます。

合わせ目消えた!?失敗。。。

f:id:shinlotusadv:20190222231437j:image

紙やすりの400番、600番、1000番と磨いていったのですが、

うーん、合わせ目がなかなか消えない。。。
真ん中にうっすらと合わせ目が残っています。

合わせ目消し。成功!?

ここで秘密道具の登場です。

紙やすりの作業で、あて木を使っておらず、指でそのまま使ってなかったことが、上手くいかなかった原因じゃないか!?

f:id:shinlotusadv:20190222224204j:image

ホームセンターで100円くらいで購入していた、あて木を使って合わせ目のやすりがけをやってみました。

こちらのあて木は、三角形の形状で、角が鋭角になっており、狭い部分にもいいのではないかと思って購入したものです。

ただサイズが大きすぎて、ちょっと使いずらかった。。。

f:id:shinlotusadv:20190221234231j:image

こちらが、別のパーツであて木を使って、やすりがけしたものです。

左が合わせ目消し前、右が合わせ目消し。

なんか、いい感じにできているんじゃないでしょうか!?

やすりがけであて木を使うのは、基本といえば、基本なのかもしれないのですが。

おおちゃくしていました。

まとめ

今回は、合わせ目消しのやすりがけの仕方を中心にご紹介しました。

やはり、あて木を使ったほうが、適度な圧力がかかり、きれいに磨くことができるようです。

ただ、一般的には、素組みに耐えられる合わせ目消しは難しいと言われていますので、合わせ目消しをする場合には、塗装を前提として行ったほうが、なかなか消せないストレスを軽くし、作業効率もあがるかもしれません。

 

ガンプラ道は、一日にしてならず。勉強の毎日ですね。