おとな ときどき こども

ガンプラとビールと子供との遊びを中心のブログです!

子どもとガンプラ製作【RGユニコーンガンダム/SDユニコーン2号機】

こんばんは。しんです。

 

今日は子供が購入したユニコーンガンダムを一緒に製作しました。

一つは、先日、東京ガンダムベースに行った際に、娘のために購入した「SD ユニコーンガンダム2号機デストロイモード」です。

もう一つは、息子がお年玉で購入していた「RGユニコーンガンダム」です。RGシリーズは15歳以上と難易度が高いため、作る気になれなかったようで、ずっと積まれていたものです。

 

まずは「SD ユニコーンガンダム2号機デストロイモード」

f:id:shinlotusadv:20190321212046j:image

SDシリーズは3歳以上というだけあって、やはりとても作りやすいです。

娘は顔と胴体の一部は一人で組み立て、シール貼りを頑張っていました。

ただ遊びガンプラ専門の娘は、途中で飽きてしまったようで、残りは私が手抜き製作代行をしました。

サイコフレームのほとんどがシールでの色分けとなっており、細かいシール貼り作業となりますので、幼い子供にはなかなか難しい作業になると思います。

f:id:shinlotusadv:20190321212050j:image

全面のシールの多さに対して、背面は一切シールなしで、少し手抜きな印象です。

ほとんどの部位がワンパーツで成型されていますが、ディティールは結構細かく表現されているところは優秀です。

 

648円という定価を考えると、これだけのディティールを表現しており、非常に優秀なキットではないかと思います。

お子様のエントリーキットとして、とてもおススメできます。

お次は「RG 1/144 ユニコーンガンダム」

息子の製作戦意喪失により、私の土曜日までの宿題として与えられましたので、期限前倒しで突貫製作いたしました。

RGシリーズは昨年のエクシアに続いて2作品目となりますが、やはりHGシリーズに比べ、パーツが細かく、数も多く、疲れました(>_<)

ただ前回と比べて、製作工程の効率化など少しだけレベルアップしていましたので、楽しさも感じながら製作できました。

f:id:shinlotusadv:20190321212822j:image

以前製作したHGUCユニコーンガンダムと並べた画像です。左がHGUC、右がRGとなります。

まずぱっと見で、RGの全高がが高く、シュッとスリムな印象を受け、カッコいいです。

HGUCのほうはぽっちゃり、ぼてっとした印象です。

そして、なんといってもRGは、ユニコーンモードからデストロイモードへの可変機構を備えている点が非常に魅力だと思います!

息子は可変できるからこのキットを買ったと言ってました。

一方、RGのほうは全体的に関節が固いため、関節を動かすのに気を使い、動かして遊ぶことにはあまり向いてないかもしれません。

また、安定感が低く、ポージングの際に上手く立たせることが難しく感じました。

f:id:shinlotusadv:20190321212758j:image

RGのほうは上手く立たせることができず、少し前傾姿勢になってしまっています。

また、RGはデストロイモードへの可変時に脚部背面のスラスターを下方に押し下げながら、全面のサイコフレームを押し出すような機構になっています。そのため、HGと比べると、脚部のバランスが悪い印象を受けます。

f:id:shinlotusadv:20190321212811j:image

最後に、ライティングモデルとの比較です。

左が「ガンダムベース限定 RX-0 ユニコーンガンダム(デストロイモード) Ver.TWC(LIGHTING MODEL)」、右がRGです。

ライティングモデルは、電飾配線を内部に通す必要があるため、内部フレームは全くことなり、固定フレームの構造となっています。

外装パーツはライティングモデルもRG相当ですので、ほぼ同じです。外装の白系パーツは白とグレーがかった二色で色分けされていますが、ライティングモデルのほうが、より濃いグレーに色分けされています。

まとめ

今回2作目となったRGですが、精巧なディティールや高い可動範囲を実現するフレーム構造は、とても魅力的で秀逸なキットだと思います。

ただ、やはり私のレベルではHGシリーズで数をこなしてレベルアップしてから、取り組んだほうがいいのかなと感じました。

一方、SDシリーズは子供向けにおススメできるのはもちろん、お手頃な価格で簡単に作れますので、自分で作る用にもいろいろと物色をしているところです。